葬儀をするにもマナーがある!今のうちに徹底リサーチしておこう

HOME>レポート>いろいろな宗教に対応している葬儀社がお勧め

いろいろな宗教に対応している葬儀社がお勧め

女性

まず連絡をするところ

親族が逝去をした際には葬儀を執り行うことになるでしょう。しかし慣れている人はいません。特に近親者であれば、見送る準備よりも亡くなってしまった喪失感のほうが大きいです。周りの人が葬儀会社に連絡をして担当者となってくれる人に来てもらう、ということが一般的です。基本的に365日24時間体制で対応をしてくれるので連絡をすればそんなに時間もかけずに来てくれます。病院で逝去をした場合には病院が連絡先を教えてくれることもありますし、自宅で逝去をした場合でもそのエリアで多く利用されている業者に連絡をすればよいでしょう。どんな葬儀にするのか相談をした上で斎場や僧侶の都合も確認して申込みをするという流れになることが多いです。

男性

マナーを守る

葬儀は宗教的な意味合いが強いので、マナーも色々あります。地域によっても違いがありますし、執り行う葬儀の宗教や宗派によっても違いがあるので、事前に確認をしておくとよいでしょう。香典1つにしてもご霊前になるのか、お花料になるのか玉串料になるのか、ということが違ってきます。また服装に関しても身に着けないほうがベターなものもあるので、どういうものを避けたほうが好ましいのかということを確認しておくとよいでしょう。女性の場合、身に着けるアクセサリーにも注意をしなければいけませんし、靴もエナメルなど光沢のあるものは避けたほうがよいと言われています。派手に見えてしまうものは避けて、出来るだけ質素にするということも忘れてはいけません。